2006年02月25日

商会

「社長、社長〜」
黒いシャツとズボン、緑の帽子をかぶったエルモニーの少年が走ってきて呼びかける。
しかし社長と声をかけられた人物は呼びかけに答えることなく、岩場に腰をかけたまま中空を眺め続けている。
「社長〜?」
「ん…あるかんか、おかえり」
少年が覗き込むようにもう一度声をかけると、ようやく気のない返事が返ってきた。
「で、どうだった?城の様子は」
「あ、ハイ。いまだに城門のひらく様子はありません。それと…」
言いよどむあるかんに女が無表情に告げる。
「どうしたの、続けなさいな」
「…城から正体不明の物質が流出、あおりを食らった方たちは致命的…、再起は難しいとのことです」
報告を聞いた女は表情のなかった顔に一瞬だけ眉を寄せた。
「権蔵の手に城が渡ってから、目茶目茶ですね…」
「昔はよかった…ってやつか。…それでもあの城でやっていくつもりはあったんだけどね」
女はそう言ってひとつためいきをつく。
だが次の瞬間、目を見開いてがっと立ち上がると「行くよ」とだけぶっきらぼうに従者に告げた。
「え?行くっていっても城は閉じたままで…」
「城じゃないさ。新たな開拓の地へ〜ってね」
一瞬、何を言っているのかわからないといった表情の少年を置いて女はすたすたと歩き始めてしまう。軽く数秒かけてやっと意味を理解すると少年は驚いて聞き返した。
「ちょ、ちょっと待ってください、社長!?城を捨てるおつもりで?」
「閉じた城の前でいくら突っ立っててもはじまらないでしょーに?」
「そらそーかもしれませんけど…酒場で落ち合うはずの皆さんにも何も挨拶せずに…」
「そりゃあねぇ。同じ離れるにしたってこんな形のは気持ちよくないけどさ。まぁ、コレが今生の別れでもナシ」
「むー…、じゃあ休業ということで?」
突然、前を歩いていた女が足を止める。
「さぁね、明日のことはわかんないわよ」
ふと主人の顔を見上げた少年…。その顔から読み取れる表情は怒り?寂しさ?
「ただ、ひとつ。あのまま権蔵が城を開けさえすればまた住民が帰ってくるなんて思われてると癪に触るの。だから、行く。あんだすたん?ハイわかったらとっとと歩くー」
まくし立てるようにしゃべるとまたさっさと歩きだしてしまう。

「だー、社長!貯金は全部城の中ですし、商会の在庫も…」
「あのねー、新しい地に開拓に行くのに荷物なんて多くは要らないの。当座のお金と、せいぜいナイフ一丁と…」
相棒を取り出してにっと笑う。
「…そう、ツルハシ一本もあればいいのよ」


→ナイフ一本で開拓の地へ挑む
posted by ARSHINOE at 01:13| Comment(7) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
あるかんを ぼくに ください
Posted by pokotu at 2006年02月25日 03:39
モンスターハンターにつるはしあるんですの?
Posted by Herminya at 2006年02月25日 13:22
行ってらっしゃい、と言っておくよ。
モンハンもなかなか面白そうだよね・・・。
Posted by Merrill at 2006年02月26日 01:06
気が向いたら、また銃でも作ってやってください。
自分にとってはダイアロスのほうが開拓の地のはずだったんですが・・・

ゴンゾに対しては、途中の対応は最悪でしたが、最終的には最低限やることだけはやってくれたかな、というところです。
EAやガンホーよりはマシかもしれませんね。
Posted by HAK at 2006年02月26日 08:17
>ぽこ
やらん

>はみにゃ
A.ピッケルがあります。
鉱石掘りまくり!

>めりるん
まぁ、ひとまず行ってきます。
モンハンはバランスが秀逸でたのしいよー。
いろんな素材集めるってのが私の性にもあってるしねー。

>HAKさん
おや、ここにたどり着くとは。
申し訳ないですがあるしー商会しばらく休業です。
MOE自体は大好きです。
けどコレを続けないことがゴンゾへのひとつの抗議の形と思いますので…。
しばらく、様子見。
Posted by ARSHINOE at 2006年02月27日 01:02
流石に仕方ないですね…
今は離れている方も、いつか安心して戻れる
場所になってくれたらよいです。
酒場でお待ちしています。
Posted by Midorico at 2006年02月27日 12:04
んーむ、戻れるものなら早く戻りたいですニャー。
とりあえず何事もなく一ヶ月運営することができたら復帰を検討してみます。

えーと、レイテスト不具合は…?
KOのアドレス流出が3月2日か…。
いつになったら帰れることやら。
Posted by ARSHINOE at 2006年03月07日 18:54
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。